FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは~
昨夜、飲みに行ってちょっとだけ酔っぱらって帰ったんですが、出迎えに来た飼い犬に右手小指を噛まれました 結構血が出まして今日はズキズキ痛みます

とゆう事で、今回は以前行ったペアガラス修理の事を記事にしようと思います
このペアガラスは空気層にブラインドが内蔵されているタイプのペアガラスで、その内側のガラスが割れたとゆうものです。早速現場調査を行い一旦会社へ戻り商品名や詳しい構造など調べました。商品名が特定できたのでメーカーに問い合せてみると『生産終了品です』との返答が
その事をお客さんにお伝えし、どうするか話し合った結果『内部結露する可能性がありますが弊社にてガラス修理をする』って事になりました。幸いな事に内蔵のブラインドは無傷だったのでガラスさえ修理できればそのまま使用できそうでした
ペアガラスは2枚のガラスの間に空気層を保つ為のスペーサーを四方の小口に馳せて、その小口を専用のシーリング材(コーキング材のようなもの)で塞いで空気層を完全に密閉してあります。要は、そのシーリング材をカッターナイフで剥ぎ取りガラスを外して同じガラスをはめ込み、また小口を密閉すればいいって事になります…が、その小口処理を完全にしていないと空気層に湿った外気が浸入してペアガラス内部が結露するってゆう事態になってしまいます

まずサッシごとお預かりしてサッシからペアガラスを外します。内側のガラスが割れているのが分かると思います
編集済1

続いてシーリング材を剥ぎ取ってガラスを外しました
編集済2

上の写真のガラス四方に写っている黒い物がシーリング材です。
ブラインドを操作する部品も外して、全く同じガラス厚さと寸法にしたガラスを用意してスペーサーとのすき間がないよう、ガラスのずれがないよう2枚のガラスを張り合わせ小口にシーリング材処理を行い、ブラインド操作部品を元に戻し、シーリング材を数時間乾かした後、完成です
編集済3


お客さんにもしっかり説明させていただいたんですが、正直この修理方法はおすすめできないのが本音です
今回はメーカーの方での修理が不可だとゆう事と、ブラインド内蔵のペアガラスをお客さんが大変気に入っておられたのと一番の決め手は『この修理方法は結露する可能性がある』とゆう事をお客さんが了承したいただいた事です
弊社が扱っている日本板硝子のペアガラスは10年保証がついていて、もし内部結露等あれば無償で交換させていただくのですが弊社がそのペアガラスを分解した時点でメーカー保証も無くってしまうので、その点もしっかりご承知していただきました。
過去に3件これと同じような修理を行いましたが今のところは結露したとゆう事は聞いていませんので大丈夫だとは思います

ペアガラス、結露についてのお問合せがございましたらお気軽にメールかお電話下さい
弊社HP有限会社藤田サッシ販工 

スポンサーサイト
2012.10.13 Sat l 施工例(ガラス修理、修繕工事等) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://fujitasashhanko.blog.fc2.com/tb.php/30-24797c53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。