みなさまこんにちわ。
ブログ大臣を自称しております、堀口です。
今日は水道についてのちょっとしたメンテナンスの事を伝えればと思い筆を取りました。




さて、御覧の写真は水道のハンドルを外し、その内側にある部分を取り換えている写真になります。

ちょうどペンチで挟んでおりますのは、ケレップというもので、(業界ではコマなどとも呼ばれています)
ハンドルを閉めて水を止めたり、開ける具合によって水の勢いを調整したりする、
一番大事な部分とも言えると思います。

しかし、他の部品にも言えますが、ゴム製品ですので、経年により劣化します。
劣化するとハンドルをギューっと閉めても水がポタポタと止まらなくなります。

もしもこのような症状でお困りでしたら、ご安心ください。
特別な工事も無ければ、業者を呼ばずに、数百円程で、1時間もあれば、すぐに直せます。


ちょっと写真がご用意できなかったので、文字だけになってしまいますが、

1、まず水道の元を閉めましょう。作業中は蛇口を分解するので、これを忘れるとだいたいお部屋が大惨事になります。
戸建てならお庭の隅っこや玄関の傍など、
マンションなら鉄でできたガスのメーター等が入っている扉の中にあったりします。

2、ハンドルの中央にあるキャップorネジを外します。時々これそのものが無いタイプもあります。
するとハンドルがスポッととれると思います。

3、根本を締め付けているナット、六角形の止め金具を外します。

4、中央の軸をネジを緩めるように回すと外せるので、外します。

5、やっとケレップが顔を見せますので、写真のようにラジオペンチなどで摘み上げます。

6、このケレップをもってホームセンターへ行き、同じサイズの物を購入します。
だいたい100円~くらいで入手できると思います。
まだ水道の元栓は閉めたままで行きましょう。うっかり開けると大惨事になります。

7、現場に戻ったら新しいケレップを取り付けて、ナットを閉め・・・過ぎないように閉め、
ハンドルを戻して、ネジorキャップを取り付けて完了。

8、水の元栓を開けて、水漏れが無いか確認し、問題なければ通常通り使って大丈夫です。
特別な事情がなければバルブは全開でOKです。

9、もしもケレップを交換しても水漏れが治らないようなら、
広島県内であれば、我々を呼んでください。すぐに駆け付けます。


今日の記事は以上になります。
ここまで読んでいただいて本当にありがとうございます。

あれ、藤田サッシ販工ってサッシ屋さんじゃないの?
って疑問に思った方は、こちらのHPをチェック!
お住まいに関するお悩みはだいたい解決できます。藤田サッシ販工。
一級施工管理士が在籍する藤田サッシ販工のフェイスブックはこちら
スポンサーサイト
2018.02.17 Sat l ブログ大臣 堀口 l コメント (0) トラックバック (0) l top
みなさまごきげんよう。
ブログ大臣 堀口です。

前回は年明け一発目から眠たげな写真をアップしてしまいまして。

DSC_0016.jpg

今日はもちょっとマシな写真でこんにちわ。

そして、こんな顔の奴が
ネットショップはじめました(キリッ)

と、ドヤ顔で言っちゃうのが今回の記事になります。



---

さて、表題の通りですが、我々藤田サッシ販工では、
新たな事業として、ネット販売を始めました。

クリックでページへ飛びます。

やはり物を売らねば我々も生きていけないのは言うまでもありませんが、
時代の流れと共に商売のやり方も変化するもので、
我々も時代の流れに沿った形態へシフトせねばならぬと思うところであります。


ネットショップと言っても、内容的にはまだまだ幼稚な物ですが、
まずは走り出さないと見える物も見えてこない。
トライ&エラーを繰り返しつつ理想に少しでも近づけれればと考えております。

御託はいいから内容に触れろ?
あっはい。わかりますわかります。

まずとっかかりとしてはカーポートのご紹介から始めていこうと思っています。
広島の中でも東広島市に拠点を置く我々にとって、
冬場のカーポートはとってもありがたいものなのです。

冬場になると朝出勤しようと車に乗り込むと、
フロントガラスは凍り付いて視界0mの世界は当たり前。

熱湯か、解氷材、その他の対策がなければ、氷が解けるまでエアコンガン炊きで待つしかありません。

カーポートがあれば、アラ不思議。でもありませんが、ガラスは凍らないのです。

もうその一点だけでも広島市民にカーポートをまずおすすめしたい理由ですね。

広島市民と書くと、まったく触れてないのにカープが連想されるのはなぜなのでしょう。

いえ、野球の事には触れません。
ブログにおける三大タブーというのがありまして、

・政治の事を書かない。
・宗教について取り扱わない。
・野球の事に触れない。

割と昔言われておりましたが、たぶん今でも通用すると・・・おもう。

話が脱線しましたね。

---

カーポートは冬だけにその力を発揮するわけではありません。

夏場はこれはこれで日差しが厳しいものです。
炎天下に駐車した車の中がサウナになっている事は誰しも経験あることだと思います。
ハンドル握ったらあっちぃ!ってなったり。

カーポートがあると日除けになるため、こういった事態も防げますよね。

冬だけではなく夏の炎天下にもお役にたてますカーポート。

我々がまず取り掛かりとして選んだのはそんな理由からです。

また前回も少し触れましたが、
我々売り逃げは絶対にいたしません。

カーポート(に、限らずですが)を当店に依頼してくださったお客様には、
定期的なアフターフォローをさせていただきます。
具体的には、年一回の定期清掃や、各部の劣化の点検。
必要であれば交換対応などさせていただきます。

---

そういえば大事な事を伝えていませんでした。

今回のネット販売にあたり、先着5名様まで、
何らかのサービスを付けようと考えています。

今出ている案としては、
窓診断を無料でさせていただこうと考えています。

詳しくはリクシルの窓マイスター、窓診断などで検索していただくとヒットすると思いますが、
簡単にご説明するならば、お住まいの窓回りから断熱性や結露対策などなどをシミュレーションして、
さまざまな解決に至るアドバイスをさせていただく内容になっています。

機材もかなり本格的な物を導入していますので、片手間でできるようなサービスだと思われていると、
びっくりさせちゃいますよ。

---

それでは、いい加減内容もだらだらと冗長になってきたので、
今日はこのあたりで。
ここまで読んでいただいた方へ心から感謝いたします。

弊社HP→有限会社藤田サッシ販工
弊社フェイスブックページはこちら


2018.01.18 Thu l ブログ大臣 堀口 l コメント (0) トラックバック (0) l top