みなさまこんにちわ。
ブログ大臣を自称しております、堀口です。
今日は水道についてのちょっとしたメンテナンスの事を伝えればと思い筆を取りました。




さて、御覧の写真は水道のハンドルを外し、その内側にある部分を取り換えている写真になります。

ちょうどペンチで挟んでおりますのは、ケレップというもので、(業界ではコマなどとも呼ばれています)
ハンドルを閉めて水を止めたり、開ける具合によって水の勢いを調整したりする、
一番大事な部分とも言えると思います。

しかし、他の部品にも言えますが、ゴム製品ですので、経年により劣化します。
劣化するとハンドルをギューっと閉めても水がポタポタと止まらなくなります。

もしもこのような症状でお困りでしたら、ご安心ください。
特別な工事も無ければ、業者を呼ばずに、数百円程で、1時間もあれば、すぐに直せます。


ちょっと写真がご用意できなかったので、文字だけになってしまいますが、

1、まず水道の元を閉めましょう。作業中は蛇口を分解するので、これを忘れるとだいたいお部屋が大惨事になります。
戸建てならお庭の隅っこや玄関の傍など、
マンションなら鉄でできたガスのメーター等が入っている扉の中にあったりします。

2、ハンドルの中央にあるキャップorネジを外します。時々これそのものが無いタイプもあります。
するとハンドルがスポッととれると思います。

3、根本を締め付けているナット、六角形の止め金具を外します。

4、中央の軸をネジを緩めるように回すと外せるので、外します。

5、やっとケレップが顔を見せますので、写真のようにラジオペンチなどで摘み上げます。

6、このケレップをもってホームセンターへ行き、同じサイズの物を購入します。
だいたい100円~くらいで入手できると思います。
まだ水道の元栓は閉めたままで行きましょう。うっかり開けると大惨事になります。

7、現場に戻ったら新しいケレップを取り付けて、ナットを閉め・・・過ぎないように閉め、
ハンドルを戻して、ネジorキャップを取り付けて完了。

8、水の元栓を開けて、水漏れが無いか確認し、問題なければ通常通り使って大丈夫です。
特別な事情がなければバルブは全開でOKです。

9、もしもケレップを交換しても水漏れが治らないようなら、
広島県内であれば、我々を呼んでください。すぐに駆け付けます。


今日の記事は以上になります。
ここまで読んでいただいて本当にありがとうございます。

あれ、藤田サッシ販工ってサッシ屋さんじゃないの?
って疑問に思った方は、こちらのHPをチェック!
お住まいに関するお悩みはだいたい解決できます。藤田サッシ販工。
一級施工管理士が在籍する藤田サッシ販工のフェイスブックはこちら
スポンサーサイト
2018.02.17 Sat l ブログ大臣 堀口 l コメント (0) トラックバック (0) l top
みなさまごきげんよう。
ブログ大臣 堀口です。

前回は年明け一発目から眠たげな写真をアップしてしまいまして。

DSC_0016.jpg

今日はもちょっとマシな写真でこんにちわ。

そして、こんな顔の奴が
ネットショップはじめました(キリッ)

と、ドヤ顔で言っちゃうのが今回の記事になります。



---

さて、表題の通りですが、我々藤田サッシ販工では、
新たな事業として、ネット販売を始めました。

クリックでページへ飛びます。

やはり物を売らねば我々も生きていけないのは言うまでもありませんが、
時代の流れと共に商売のやり方も変化するもので、
我々も時代の流れに沿った形態へシフトせねばならぬと思うところであります。


ネットショップと言っても、内容的にはまだまだ幼稚な物ですが、
まずは走り出さないと見える物も見えてこない。
トライ&エラーを繰り返しつつ理想に少しでも近づけれればと考えております。

御託はいいから内容に触れろ?
あっはい。わかりますわかります。

まずとっかかりとしてはカーポートのご紹介から始めていこうと思っています。
広島の中でも東広島市に拠点を置く我々にとって、
冬場のカーポートはとってもありがたいものなのです。

冬場になると朝出勤しようと車に乗り込むと、
フロントガラスは凍り付いて視界0mの世界は当たり前。

熱湯か、解氷材、その他の対策がなければ、氷が解けるまでエアコンガン炊きで待つしかありません。

カーポートがあれば、アラ不思議。でもありませんが、ガラスは凍らないのです。

もうその一点だけでも広島市民にカーポートをまずおすすめしたい理由ですね。

広島市民と書くと、まったく触れてないのにカープが連想されるのはなぜなのでしょう。

いえ、野球の事には触れません。
ブログにおける三大タブーというのがありまして、

・政治の事を書かない。
・宗教について取り扱わない。
・野球の事に触れない。

割と昔言われておりましたが、たぶん今でも通用すると・・・おもう。

話が脱線しましたね。

---

カーポートは冬だけにその力を発揮するわけではありません。

夏場はこれはこれで日差しが厳しいものです。
炎天下に駐車した車の中がサウナになっている事は誰しも経験あることだと思います。
ハンドル握ったらあっちぃ!ってなったり。

カーポートがあると日除けになるため、こういった事態も防げますよね。

冬だけではなく夏の炎天下にもお役にたてますカーポート。

我々がまず取り掛かりとして選んだのはそんな理由からです。

また前回も少し触れましたが、
我々売り逃げは絶対にいたしません。

カーポート(に、限らずですが)を当店に依頼してくださったお客様には、
定期的なアフターフォローをさせていただきます。
具体的には、年一回の定期清掃や、各部の劣化の点検。
必要であれば交換対応などさせていただきます。

---

そういえば大事な事を伝えていませんでした。

今回のネット販売にあたり、先着5名様まで、
何らかのサービスを付けようと考えています。

今出ている案としては、
窓診断を無料でさせていただこうと考えています。

詳しくはリクシルの窓マイスター、窓診断などで検索していただくとヒットすると思いますが、
簡単にご説明するならば、お住まいの窓回りから断熱性や結露対策などなどをシミュレーションして、
さまざまな解決に至るアドバイスをさせていただく内容になっています。

機材もかなり本格的な物を導入していますので、片手間でできるようなサービスだと思われていると、
びっくりさせちゃいますよ。

---

それでは、いい加減内容もだらだらと冗長になってきたので、
今日はこのあたりで。
ここまで読んでいただいた方へ心から感謝いたします。

弊社HP→有限会社藤田サッシ販工
弊社フェイスブックページはこちら


2018.01.18 Thu l ブログ大臣 堀口 l コメント (0) トラックバック (0) l top
新年あけましておめでとうございます。
今年も㈲藤田サッシ販工をよろしくお願いいたします。




私こと、堀口は㈲藤田サッシ販工に新入社員として入社いたしました。
そしてこのたびブログ更新大臣に任命されました。
ネットの力をフル活用し、主に宣伝や広報活動、お客様との打ち合わせ等を進めて行こうと思います。
もちろん実際に施工も行っていきます。
何卒、㈲藤田サッシ販工、並びに藤田社長のついでによろしくお願いいたします。

さて、新春一発目の更新にして、
前回の更新から、およそ一年ぶりの更新になります。

初めての投稿になりますので、
まずは我々㈲藤田サッシ販工とゆう会社についてご紹介したいと思います。

少々長ったらしい文章になりますが、
どうぞごゆるりとお付き合いくださいませ。


会社のご紹介ですが、社長がすでに記事として作成しておりますので、拝借。

---

会社名   有限会社藤田サッシ販工
        建設業県知事許可(般)第30369号
代表取締役 藤田安通嗣(フジタアツシ)
住所    広島県東広島市安芸津町木谷351-29 (←住所変わりました!)
TEL    (0846)45-5134
FAX    (0846)45-5608
メールアドレス aky37f@yahoo.co.jp
HP      当社HP  ←HP内にお問い合わせフォームがあります。

1級建築施工管理技士(仕上げ)藤田安通嗣 (←1級建築施工管理技士 習得!)
住宅防火戸取扱事業所 組立事業所NO.34-0400
『住宅性能表示制度』対応事業所 事業所登録番号S34-0187
真空ガラス[スペーシア]取扱認定店
住宅断熱施工技術者 藤田安通嗣 登録番号9636054A

業務内容は、アルミサッシ、スチールサッシ、カーポート、テラス、フェンス、スチール物置、シャッター、
勿論、ガラスの修理や網戸の張替えも承ってます。
その他、住宅のリフォーム全般、開口部の防犯対策、防寒対策など幅広く行っておりますので何でもお気軽にお問合せ下さい。
当社で請負った現場は引き渡し後もとことん責任を持って対応させていただくつもりで日々作業をしています。
お見積もりは無料ですのでどんな小さな工事でもお気軽にお申し付け下さい。

---

業務内容としてアルミ・スチールサッシの設置や修繕はもちろん、
カーポートやテラス・フェンス・シャッター・物置の設置などなど、
さらに、リフォーム工事も間取りの変更、増築工事から
1日でできちゃう玄関扉などのぷちリフォーム、

我々サッシ屋さんを名乗っていますが、できる事はたくさんあります。

みなさんの身の回りの困った!に必ずお力になります。

たとえば、


こんなおしゃれなフェンスを建ててみたり、

DSC_0009.jpg
お庭にテラスをつけてみたり。

せっかく、我々を頼りにお仕事を依頼してくださったお客様に対して、
建てておしまい、直しておしまい。頼まれた事をやっつけておしまい。
そんな一回きりのご関係にするつもりはありません。
社長の言葉通り、請け負った現場は引き渡し後もとことん責任もってのご対応を心がけております。


施工完了、お引き渡しから始まるお付き合い。をモットーに活動しております。

長く語ってしまいましたが、
まだまだ語りたりないほど伝えたい事はたっぷりあります。

今後は定期的に更新してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
ここまで読んで下さった方へ心から感謝いたします。

弊社HPはこちらから お問合せやご依頼などお気軽にご連絡ください。
フェイスブック開設しました!

2018.01.09 Tue l 担当者の紹介 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは~ 毎日寒いですね~ 先々週、瑞穂ハイランドへ行ってきたんですが猛吹雪&僕のブーツが使用出来ないほどの大クラッシュ えー、ブーツがめげるって…、うそー
昼過ぎにはもう完全に心が折れまして、それからは1才の娘とチャルドルームでたわむれました
嫁さんと小4の息子はあの猛吹雪の中、俺のブーツ事件なんぞ気にもせず楽しそうに滑ってましたね~、すごいわホンマ
そういえば、3才の息子にハーネスみたいな紐を買ったんですよ。前回、緩斜面で横滑りの練習してたんですが他の方と軽く接触してしまいましてお互いに怪我はなかったんですが危ないなぁ、って事で後ろから紐を引張る練習方法を試してみようかと
子供に紐を付けて滑らせるって姿に賛否両論あるかと思いますが、安全第一と人に迷惑かけないようにと思いまして。最近…てゆうか、数年前からですけど板のノーズに穴が空いていて、そこへ紐を通して板を直接引張るって方法もあるんですが、滑走中に急に板を引張られるのは逆に危ないような気がするんですよね~
体に付けたハーネスを引張る方法がどうなのか、今週末ゲレンデで検証してまいります
瑞穂ハイランドの第一リフトも復旧したみたいじゃしパークアイテムも続々増えてきてるみたいじゃし、遅ればせながらシーズンinって感じですね
てか、その前に俺のブーツを買わなくちゃ この出費は痛いっ

弊社HP 断熱ガラス、防犯ガラス、今期間中の住宅ストック循環支援事業について、何でもお気軽にお問合せ下さい
2017.01.24 Tue l 今日の出来事! l コメント (0) トラックバック (0) l top
おはようございます
今朝も寒いですね~。なんだか今週末にまた寒波が来るって天気予報で言ってましたが遅ればせながらやっと冬本番って感じになってきましたね
15日の日曜日に瑞穂ハイランドへ行ってきたんですが朝7時頃にもかかわらず浜田道は除雪が追い付かなかったのか、なかなかの圧雪状態でヒヤヒヤしながら走行しました

本題ですが、タイトルの『住宅ストック循環支援事業』とゆう国土交通省の事業がある事はご存知ですか??
以前、住宅版エコポイント制度や復興支援エコポイントなどあったの覚えてますか? 開口部(窓など)や壁や床の断熱改修やバリアフリー改修工事などの対象工事を行えば工事内容に応じてエコポイントが付与された事業です
その事業が今年度『住宅ストック循環支援事業』とゆう事で始まりまた。
この事業名だけ聞いて何のこっちゃわけが分かりませんが、要は以前のエコポイント制度とよく似た内容なんですけどね
もっと分かりやすい事業名はなかったのかと思うくらいお役所的な感じはしますが、中身はなかなか素晴らしいようです
前回までの制度とは決定的に違う点は『現金で交付される最大30万円』と『申請は施工業者がWEB上で行う』って事です。
前回までのエコポイント制度の時は、申請書類をまとめるのが結構手間がかかって、その書類の管理が大変でしたが今回はWEB上で国土交通省の専用ページより事業者登録を完了させる事で施工写真や性能証明書等の書類のほとんどがPDFをアップさせることが出来るようになってるみたいです これはホンマ楽ですし早いし、不備があればすぐに訂正できるし良い事ばかりですよ
って、つたない文章でご説明してもよく分かりませんよね
住宅ストック循環支援事業のご案内 弊社で配布しているご案内チラシです
よろしければご覧いただき興味があるようでしたらお近くのサッシ屋さんやガラス屋さん、工務店さんなんかに問合せたら対応して頂けると思いますよ~
ただ依頼した業者さんが事業者登録を行っていなかたっり、事業者登録を完了する前に工事契約を締結してしまったりした場合は申請できない事になっているようなのでご注意して下さい
もちろん、弊社は事業者登録済みで対象工事を数件完了させております
弊社HP 弊社HPからもお問合せに対応させていただきますのでお気軽にお問合せ下さい

2017.01.17 Tue l 今日の出来事! l コメント (0) トラックバック (0) l top